ライフティ

最良な街金といえばライフティ

キャッシング審査は基本的に非公開で、審査に落ちた場合も原則として理由は教えてもらえません。

 

ですが一般的には、

  • 年収
  • 勤務先
  • 勤務形態
  • 他に借金があるかどうか
  • 個人信用情報

などが重要項目とされているようです。

 

もちろん年収は高ければ高いほどよく、公務員と大企業の正社員が最も有利です。

 

最近では、派遣やアルバイトでも可能なところも多いので、他に思い当たることがなければ個人信用情報が原因かもしれません。

 

 

個人信用情報とは、「ブラックリスト」や「金融ブラック」と呼ばれているもので、CICやJICCなどの個人信用情報機関に登録されたクレジット情報のことです。

 

クレジットカードなどの支払いを3ヶ月以上延滞すると、個人信用情報機関に情報が登録されます。

 

代位弁済・強制解約・自己破産・債務整理などをした場合も情報が登録されます。

 

一度、情報を登録されてしまうと、完済から5年間は情報が消えません。

 

その間はクレジットカードやローンの審査に通ることが難しくなってしまいます。

 

最近はスマホの普及により、携帯本体料金を分割払いするケースが増えており、うっかり携帯料金を延滞してしまって信用情報に傷が付くことが増えています。

 

では、このような金融ブラックの状態になると、完済から5年が経つまでキャッシングを利用することはできないのでしょうか?

 

そんなことはありません。

 

審査基準は金融機関により変わりますので、金融ブラックでも審査に通る金融機関はあります。

 

 

そこでお勧めなのがライフティです。

 

ライフティでは、独自の審査基準で判断をしており、過去に延滞や債務整理があった場合でも現在の返済に問題がなさそうであれば、融資をしてくれる可能性があります。

 

アルバイト・派遣でも一定の収入があれば融資可能です。

 

 

大手の金融機関で審査落ちしてしまい、キャッシングの審査に通らないと諦めていませんか?

 

審査基準は金融機関によって変わってきますので、1社に落ちたからといって諦める必要はありません。

早速「0.3秒診断」で確認してみよう!

所得証明については、原則的にライフティでの借り入れが50万円以上になる場合か、または他社とライフティでの借り入れが100万円を超える場合に必要となるので、他社の利用状況次第では必要な無い場合があります。 ただし、審査結果によっては別途必要になることもあるので、個々人によって変わる審査や契約については、ライフティの公式サイトかコールセンターに問い合わせて確認をするといいでしょう。 また、いくらライフティとは言えども、申し込みが出来ないや審査で通るのが厳しい方もいます。 正規の消費者金融であるために、最低限の申し込み条件を満たしているかが重要となります。 ライフティ公式サイト上で行える「0.3秒診断」で確認することができるのでやってみるといいでしょう。 年齢、年収、他社借り入れ件数と金額を入力するだけで、即座に診断結果が出るので、時間をかけずに目安を見ることができます。