ライフティ

大手との審査の違い

気になる点として、ライフティの審査基準になりますが、これは冒頭でも書いたように大手とは違って、独自の審査基準で行っています。

 

 

例えば、過去に債務整理や破産などの経歴がある人や、大きな延滞をしたことがあって借りられない人などでも、ライフティはしっかりと審査をしてくれます。

 

これは中堅以下の消費者金融審査全般に言えますが、事故情報があったとしても、それが過去のものであったり、今は完済して問題が無い場合、現在進行形で無い場合、多くの中堅・中小消費者金融は、申込人の人間性や今の状況を加味して審査を行います。

 

 

決して事故情報があるから、即断りなどのはされません。

 

逆に言えば、そのような姿勢であれば小さな消費者金融会社は経営ができなくなります。

 

 

年収3分の1までしか貸付ができない「総量規制」が定められ、上限金利も29.2%⇒20.0%になったことで、大幅に貸付率・収益が減りました。

 

多くの中小消費者金融は廃業・倒産となりましたが、その中でも存続ができているところは、それなりの審査基準をもって貸付を行っているところです。

 

 

大手はスコアリングシステムを使って、審査を自動化し、多くの申込みを捌く方法をおこなっています。

 

一方で、中堅・中小の消費者金融はいかに総量規制内で低与信の属性の中から融資をしています。

早速「0.3秒診断」で確認してみよう!

所得証明については、原則的にライフティでの借り入れが50万円以上になる場合か、または他社とライフティでの借り入れが100万円を超える場合に必要となるので、他社の利用状況次第では必要な無い場合があります。 ただし、審査結果によっては別途必要になることもあるので、個々人によって変わる審査や契約については、ライフティの公式サイトかコールセンターに問い合わせて確認をするといいでしょう。 また、いくらライフティとは言えども、申し込みが出来ないや審査で通るのが厳しい方もいます。 正規の消費者金融であるために、最低限の申し込み条件を満たしているかが重要となります。 ライフティ公式サイト上で行える「0.3秒診断」で確認することができるのでやってみるといいでしょう。 年齢、年収、他社借り入れ件数と金額を入力するだけで、即座に診断結果が出るので、時間をかけずに目安を見ることができます。