ライフティ

ライフティは独自審査を行う

知名度の低さは単純に申し込み者数、利用者数の少なさにも影響します。

 

 

「お金を借りたい」と思ったときに、まずは多くの方は有名な大手消費者金融や身近な銀行のカードローンに申し込むと思います。

 

銀行は別として、借り入れ状況や信用情報に特に問題がなければ消費者金融の審査には通る可能性が高いのでライフティの需要は無くなります。

 

もし大手で申し込んだ方が審査が通らず、それでもどうしてもお金が借りたいと思う人はライフティのような大手ではない、中堅や小規模な消費者金融に申し込む人が多いです。

 

 

なので、ライフティのようなサービスの開始が新しく、知名度の高くない消費者金融は、大手でダメだった方の申し込みが多くを占めます。

 

大手で審査落ちをした方が申し込む方が多いので、大手消費者金融と同じ審査基準だと融資を行えません。

 

 

貸金業者のライフティは、お金を貸さないと成り立たないので、返済能力があると判断できるのであれば例え少額でも融資をしてくれます。

 

もちろん大手ほどの利便性の高さや限度額は低いですが、急ぎでいくらかのお金が必要なときなどは、他社に複数の借り入れがあるとしても、総量規制の年収の3分の1までならライフティからの融資してくれる場合があります。

 

早速「0.3秒診断」で確認してみよう!

所得証明については、原則的にライフティでの借り入れが50万円以上になる場合か、または他社とライフティでの借り入れが100万円を超える場合に必要となるので、他社の利用状況次第では必要な無い場合があります。 ただし、審査結果によっては別途必要になることもあるので、個々人によって変わる審査や契約については、ライフティの公式サイトかコールセンターに問い合わせて確認をするといいでしょう。 また、いくらライフティとは言えども、申し込みが出来ないや審査で通るのが厳しい方もいます。 正規の消費者金融であるために、最低限の申し込み条件を満たしているかが重要となります。 ライフティ公式サイト上で行える「0.3秒診断」で確認することができるのでやってみるといいでしょう。 年齢、年収、他社借り入れ件数と金額を入力するだけで、即座に診断結果が出るので、時間をかけずに目安を見ることができます。